?
  1. JA塩尻市HOME
  2. お知らせ
  3. 地域活動情報

地域活動情報

いい実がなるかな?広丘小学校、巨峰の栽培

2013.06.30  地域活動情報

塩尻市立広丘小学校3年2組33名は学校に隣接した果樹園において巨峰の栽培を行っています。これまで枝の誘引作業、ジベレリン処理など地元JA塩尻市職員の指導を受けながら作業してきて今回、「摘粒・袋かけ」の作業は3回目の指導となります。

摘粒はブドウの粒を落としてしまう作業と聞いて児童は「なんでー!」「もったいない!」と疑問の声が上がりましたが、技術員によって粒が大きく成長するためには必要な作業であるという説明を聞いて、納得して作業に取り掛かりました。

最後に鳥害、虫害、病気よけの紙袋をひと房づつ丁寧にかぶせていきこの日の作業は終了。  <br ...

続きを見る

一緒に頑張ろう!小学生とJA職員が野菜づくり

2013.06.30  地域活動情報

6月5日、JA塩尻市塩尻支所は管内の塩尻市立塩尻東小学校の3年生(74名)と野菜苗の植え付け体験を行いました。昨年、2年生のときにじゃがいも・トウモロコシ・大豆を栽培した子ども達が今年はサツマイモ・ミニトマト・キュウリに挑戦します。

JA職員がマルチに穴を開けていき児童は手で穴を掘り職員に手伝ってもらいながら植えていきました。「土が固い!」「どうやればいいの~?」と大騒ぎしながらも協力してやり終えました。

今後は水遣りなど子ども達が交代で行って管理し、ミニトマトなどは収穫したら採れたてをそのまま畑で味わう予定です。



続きを見る

昔ながらの手植えに挑戦!あぐりっこ倶楽部

2013.05.31  地域活動情報

JA塩尻市親子農業体験「あぐりっこ倶楽部」は5月18日、第1回の活動を行いました。塩尻市北小野地区の田んぼで11家族39人が集まり、もち米の苗を昔ながらの手植えに挑戦しました。

恐る恐る裸足で田んぼに入ると水の冷たさと泥の感触に子ども達から歓声があがり、晴れ渡った5月の青空に響きました。次第に慣れてくると子ども達は泥で服が汚れるのも気にせず植える子や、両手でカエルを集める子など思い思いに体験を楽しみました。大人も始めての体験という人がほとんどで子どもより熱心に取り組む方も。

今後はかかし作り、稲刈り体験、もちつきなど計画しています。さらに参加...

続きを見る

青壮年部「じゃがいもクラブ」が幸水梨の受粉体験

2013.04.30  地域活動情報

4月27日、JA塩尻市青壮年部(永原光治部長)は小学生以下の子どもさんと保護者を対象とした親子農業体験「じゃがいもクラブ」の第1回の活動を行いました。9組の親子が参加しました。例年、野菜づくりを活動の主としてきましたが、今年は初めて梨(幸水)の栽培に挑戦します。塩尻市宗賀の果実共選所においてJA職員の髙橋技術員より梨についての説明がありました。花を観察して、どのように実がなるの?受粉の意味は?などを学び、花粉を採取する機械など初めて目にする道具にみなさん興味津々でした。

説明の後、参加者は果樹園に移動し、実際に受粉作業を行いました。石松子で赤く色づけされた花粉を...

続きを見る

1...678910

お知らせお知らせ

最新のお知らせ
カテゴリー別に見る
月別に見る